医薬品を海外個人輸入をする際のリスク

個人輸入にリスクはあるの?

個人輸入なら、海外の医薬品を国内よりも安く買えたり、国内では売っていない医薬品などを購入できたりします。

これだけ聞くと、メリットばかりのように思えますが、リスクもあります。

リスクもふまえて利用するようにしましょう。

日本の医薬品医療機器等法に基づく品質・有効性・安全性の確認がされていない

個人輸入によっては、海外から取り寄せた薬やサプリメントなどは、日本で品質などが確認されていないものもあります。さらに製造された国によっては、品質などが全く確認されずに販売されているケースもあります。

虚偽または誇大な効能・効果をうたっている場合も

日本では薬機法や医療法、景品表示法などと消費者を守る法律がありますが、海外の店舗やサイトでは虚偽や誇大な効能・効果などを標ぼうして、販売されている可能性もゼロではありません。

製造・保管・流通などが不明な場合がある

どのような衛生管理下で製造から保管・流通までの工程がなされているか不明であり、医薬品などに有害な不純物が含まれているおそれもあります。

正規のメーカー品を装ったニセモノである可能性も

偽造品は海外において比較的多く流通しています。中には正規品に極めて類似した色・形をした偽造品もあり、これら真偽の見分けは難しいです。なお、こうした偽造薬は「関税法」の「知的財産侵害物品」にあたるため、国内への持ち込みは禁止されています。

副作用や不具合などが起きたときに対処方法が不明

用法・用量や使用上の注意などが外国語で記載されているため、その内容を正確に理解することは難しく、場合によっては海外の規制当局が認めていない効果・効能、用法・用量などが記載されていることもあります。
また、医薬品などの使用によって副作用や不具合が発生しても、国内にいる医師や薬剤師などの専門家は、それに含まれる成分や作用などに関する情報を十分に把握しておらず、迅速な処置が困難な場合もあります。

個人輸入する際の注意点は

では、海外からの医薬品などを購入する場合、何に気をつければよいでしょうか。

「日本での有効性や安全性の確認がされていない」「正規の流通品とは異なる劣化品・偽造品のおそれ」「その他、自己判断による使用で人体に悪影響を及ぼす可能性」といった様々なリスクがあります。

そのため、もし個人輸入を考えているならば、事前に医師や薬剤師などの専門家とも相談しながら、その必要性を十分に検討しましょう。

個人でも比較的容易に海外の薬やサプリなどを購入するには、信頼できる輸入代行業者を利用するのが一番良いと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする